DriveHub.winの使用は非常に簡単です。簡単に言うと、承認を完了し、クラウドディスクを起動して、最後にそれをCloud Explorerにマウントします。
これらの手順では、名前のみを入力できます。これは、将来の識別と管理に便利です。残りは省略できます(ほとんどのネットワークディスクの場合)。クライアントIDを理解している上級ユーザーの場合は、指示に従って独自のクライアントIDを作成できます。これは、DriveHub.winが上級ユーザーに非常に適している理由の1つです。他の理由は、安い費用です。 DriveHub.winは他の同様のプログラムとは異なり、帯域幅によって課金されます。たとえば、1000Mbit / sの帯域幅を購入した後、トラフィックのオーバーランを心配せずにデータを自由に同期できます。これにより、全体的なコストを追跡できます。

例として、GoogleドライブをDriveHub.winに追加する例を見てみましょう。
1.承認。 https://web.drivehub.winに移動し、左側のメニューバーで[ドライブの追加]をクリックします。 [ドライブ名]に、15文字以内の数字と文字の名前を入力します。何も入力せずに[ドライブ構成]ページを空白のままにして、[送信]をクリックしてドライブの追加を完了します。一部のドライブ(Googleドライブなど)はページをポップアップします。このページで認証操作を完了する必要があります。

2.開始。メニューバーの左側に「マイドライブ」と入力し、起動するドライブのプラス記号をクリックし、起動後にドライブのインスタンス名を入力して、起動を完了します。この手順では、特別な設定は必要ありません。

3.呼び出します。左側のメニューバーの[ストレージインターフェース]に移動し、開始したドライブインスタンスを選択し、プラス記号をクリックし、Cloud Explorerにアタッチされているフォルダーの名前を入力します。ドライブ内のどのパスをアタッチするか、読み取り専用としてアタッチするか、チームディスクなどの形式で呼び出すかどうか通常、変更を加えずに、[送信]をクリックして起動を完了します。

4.終了します。ここでhttps://disk.drivehub.winに移動すると、接続されたディスクが表示されます。

5.データをコピーまたは同期します。 https://disk.drivehub.winを入力した後、ソースフォルダーを選択して右クリックし、[コピーまたは移動]を選択してから、ターゲットフォルダーを選択してデータのコピーまたは移動を開始します。


ネットワークディスクの承認手順は、DriveHub.winに初めて追加された場合にのみ必要であることに注意してください。承認を削除または取り消さない限り、2回のマウスクリックでディスクを起動およびマウントします。物事は非常に簡単です。

現在、無料のユーザーはネットワークディスクをマウントし、1日数時間の「ハッピーアワー」、無制限のトラフィック、および帯域幅のみを使用して、データを移動およびコピーできます。このエクスペリエンスを使用し、それをTwitter、YoutubeまたはFacebookなどで共有し、Support @ drivehub.winにリンクを送信すると、無料のプレミアムユーザーがそれを使用する権利を獲得する機会があります。参照:drivehub.winを使用して体験を共有し、無料のプレミアムメンバーを獲得しましょう